「共分散構造分析」とは

共分散構造分析とは、多変量解析手法の1つで、多数の観測変数(質問項目)から特徴や志向性が近いものを潜在変数として1つにまとめ、観測変数と潜在変数の因果関係を把握する分析手法です。

こんなニーズに有効です

メリット

アウトプット例

この例の場合、ある店舗へのロイヤリティ指標(優先意向・推奨意向)へのパスを、「機能属性」→「提供価値」→「ブランドパワー」の3階層に分けて把握することができます。また、最終目標であるロイヤリティを上げる施策として、どれが有効かを導き出すことができます。

サービスメニューに関するお問い合わせ

お気軽にご相談下さい。

調査手法
分析手法
DMIスペシャル
納品物・アウトプット
(インターネット調査)