調査依頼・相談資料請求・DL

株式会社電通マクロミルインサイト

調査依頼・
相談
資料請求・
ダウンロード
各種分析手法

クラスター分析

ホーム各種分析手法クラスター分析

クラスター分析とは

多変量解析手法の一つで、ある特定の集団を特定のルールに基づき、互いに似た者同士のグルーピング(クラスタリング)を行い、集団を分類する手法です。
モノや情報があふれている今日において、生活者の価値観や消費行動は多種多様になってきており、従来の“性×年代”等の属性によるアプローチでは生活者を十分には捉えきれなくなってきております。
クラスター分析を活用することで、人々の意識や価値観に沿った形で生活者をセグメント分けすることができ、より立体的な視点で生活者を理解することが可能です。
特徴
  • 意識や価値観で生活者を分類することで、より立体的な消費者像、ターゲット像を明らかにします。また統計的根拠に基づいた分類で信頼性も担保することが可能です。
活用方法例
消費者行動・意識に基づいたターゲット顧客・新市場の発見

商品利用実態等からクラスタリングを行うことで、消費者行動に基づいた形で自社商品と親和性の高い顧客を発見し、ひいては新しい市場の開拓も可能になります。

調査の流れとスケジュール

01
調査企画
意識・価値観・行動等、変数にしたい項目を調査上で聴取します。
02
クラスター分析
Step1で得たデータを使って、分析を行い、クラスターを作成します。
03
クラスター毎の特徴を分析
クラスターごとのプロフィール分析、ポジショニングマップによる可視化等、作成したクラスターへの理解を深めるアウトプットを作成します。

CONTACT マーケティングリサーチの
ご相談はこちら