調査依頼・相談 資料請求・DL
調査依頼・
相談
資料請求・
ダウンロード
定性調査

グループインタビュー

多様な業界での豊富な実施事例を元に
プロフェッショナルのリサーチャーが
貴社のグループインタビューをご支援します

経験豊富なリサーチャーが貴社の課題解決に役立つグループインタビューを実施します。
業界最大規模のアンケートパネルを活用し、リクルート難易度の高い対象者にもインタビューが可能です。
グループインタビュー実施後のデブリーフィングによる課題の再発見や分析レポートによる新たな示唆の提示も実施いたします。

 

グループインタビューの特徴

グループインタビューは、4~6名の調査対象者を一同に集め、座談会形式でインタビューを行う調査手法です。
グループインタビューでは、モデレーターと呼ばれる司会者が調査対象者の方々に調査テーマに関する質問をしながら会話を進めていきます。

調査対象の内容について自由に発言をしてもらうことで、消費者の考えや本音を収集することができます。
グループで会話をするため、お互いの発言から刺激を受け活発に意見が出てきやすく、多くの意見を収集しやすいメリットがあります。

グループインタビューのメリット
対象者同士の発言から活発な議論が起こりやすい

グループインタビューでは、対象者同士の発言に刺激を受けデプスインタビューよりも幅広い多様な意見を収集することが可能です。

表情や話し方、身振りなど言語以外の情報を得られる

言葉のトーンや表情や身振り手振りなど言語外の情報を得ることで、調査対象者の本音や感情をよりリアルに把握することができます。

複数グループで実施することでグループ間の比較が可能

対象者の属性や嗜好性でグループを分けてグループインタビューを実施することで、グループ間でのアイデアや改善点などの相違を比較、検証することができます。

デプスインタビューと比較すると短時間で多くの意見を集められる

4~6名に対しインタビューをするため、デプスインタビューと比べ短時間で意見を取集できます。

グループインタビューのデメリット・注意点
モデレーターのスキルにより発言内容などに差が生じる

議論が活性化するかは、モデレーターの技量に依存することがあります。

対象者から調査テーマに沿った有益な情報を引き出せるスキルや経験があるモデレーターを選定することが大切です。

統計的なデータは得られにくい

インタビューで得られる意見は対象者の一意見に留まるため、統計的な情報を得ることは難しいです。

インタビューで得られた意見と市場全体の傾向との差を確認するには定量調査と組み合わせることをおすすめします。

幅広い意見が聞ける反面、一つの意見を深堀りすることは難しい

グループインタビューでは多くの意見を聞ける反面、気になる一つの意見を深堀りして聞くことは難しいです。

意見を深堀り深層心理を追求することを目的とする場合、デプスインタビューの実施をおすすめします。

グループインタビューの利用シーン
仮説の洗い出しや確からしさの検証

課題はあるがその原因がはっきりしない、仮説は何となくあるが合っているか自信がない、という場面でグループインタビューは効果を発揮します。

複数人から意見をもらうことで、原因の当たりをつけたり仮説をよりブラッシュアップさせることが可能です。

既存商品の改善点抽出

現ユーザーに使用目的や使用方法、不満点などを深堀することで、既存商品の課題を洗い出すことができます。

また、異なる属性のユーザーを別グループにして発言内容を比較することで、属性ごとの課題を明らかにすることも可能です。

新商品や試作品に対する反応の確認

これから発売する新商品や新規サービスのアイディアなどが市場で受け入れられるかを確認したい場合、グループインタビューは有効です。

試作品を提示したときの素直な反応や印象を理由とともに確認できます。

また、ターゲットとなる属性の方を集めることで、ターゲット層のニーズと合っているかを確認することができます。

弊社の強み・特徴
マクロミルを始めとする大規模なパネルネットワーク

マクロミルのパネルネットワークを活用し、他社では集めることが難しい調査対象者の招集も可能です。

豊富な実施経験を活かし、あらゆるタイプのグループインタビューに対応

年間300件以上のグループインタビューの実施実績の経験を活かし、日記や写真撮影等の事前宿題から、コラージュ法等の当日の手法まで幅広く対応します。
また、自社専用のインタビュールームを4か所保有。あらゆるシチュエーションに対応します。

 

経験豊富なリサーチャーによる一気通貫の支援

あらゆるマーケティング課題に対して、業界に精通している経験豊富なリサーチャーが、調査前の課題整理から、インタビューフローの設計、終了後のデブリーフィング、レポーティングまで一気通貫でご支援をします。

 

  • 他社では集めることが難しい調査対象者の招集も可能です。
  • 日記や写真撮影等の事前宿題から、コラージュ法等の当日の手法まで幅広く対応します。
  • 自社専用のインタビュールームを4か所保有。あらゆるシチュエーションに対応します。
円状卓がセッティングされており、モデレータを囲んで、座談会を進められます。
例えばテレビ画面にて、広告素材なども提示し評価できます。
最大10名収容可能なミラールーム
最大30名程度収容可能なバックヤード

調査の流れとスケジュール

01
調査企画
5営業日
調査の背景となる課題からグループインタビューで明らかにしたいことを整理します。
02
インタビューの事前準備
10営業日~
インタビューで聴取する内容と順番、時間配分を整理したインタビューフローを設計します。また、条件に合致するインタビュー対象者のリクルーティングと参加依頼を行います。
03
インタビュー実施
1営業日~
インタビューを実施します。
インタビューの実施後に、結果を振り返り次のアクションの方向性を決めるデブリーフィングも実施いたします。
04
報告書の作成
5営業日~
インタビューの発言録の作成から、調査結果から得られた示唆を記載したレポーティングの作成まで対応いたします。
ご要望に応じて報告会の実施も可能です。

グループインタビューに関するよくあるご質問

Q
対象者の条件を細かく設定してすることは可能性でしょうか?
A
対象者を集めるリクルーティングでは、WEBで条件に合う対象者を選定することも可能です。
また機縁法で集めることも可能です。条件ごとに適切な方法をご提案いたします。
Q
インタビューの実施時間を教えてください
A
1回のインタビュー時間は平均120~150分程度です。評価物が多い、ワークがある際は180分を超える場合もあります。
Q
相談してから報告書の納品までにどのくらいの期間が必要ですか?
A
ご相談内容にもよりますが、1カ月半ほどお時間をいただいております。
具体的な期間については弊社にご相談ください。
Q
特定の業界に特化したモデレーターを選定してほしい
A
ご要望をお伺いし、弊社のモデレーターの中から最適なモデレーターを選定いたします。
Q
専用のインタビュールーム以外でインタビューを実施できますか?
A
別途会場費が発生しますが、実施可能です。

 

CONTACT マーケティングリサーチの
ご相談はこちら