調査依頼・相談 資料請求・DL
調査依頼・
相談
資料請求・
ダウンロード
定性調査

デプスインタビュー

生活者理解に長けたリサーチャーが
デプスインタビューを通して、行動の背景や内面を浮き彫りにします
弊社の強みである生活者理解に長けたリサーチャーが消費行動の背景や生活者の内面を捉えるデプスインタビューを実施いたします。
業界最大規模のアンケートパネルを活用し、リクルート難易度の高い対象者にもインタビューが可能です。
デプスインタビュー実施後のデブリーフィングによる課題の再発見や分析レポートによる新たな示唆の提示も実施いたします。

デプスインタビューの特徴

デプスインタビューはインタビュアーが対象者に対して1対1でヒアリングをする調査手法です。

デプスインタビューでは、対象者の行動に至るまでの理由や動機、思考、価値観を深く掘り下げてインタビューすることができます。
1対1で話をするため、他人と話し合いをする必要がないテーマやグループインタビューでは話しにくいデリーケトなテーマを対象にをすることも可能です。

 

デプスインタビューのメリット
複雑な意思決定のプロセスや時系列で行動を振り返ることが可能

デプスインタビューは、一対一で時間をかけてインタビューが可能です。

そのため、サービスの購入プロセスや選択理由、ライフスタイルやライフステージの変化など時系列での行動を詳細に聞くことができます。

対象者も気づいていない行動の裏にある潜在的なニーズがわかる

インタビューを通して対象者の生活実態、深層心理、行動のきっかけを詳しく聞くことができます。

背景情報をヒアリングすることで、本人も気付いていなかった潜在的なニーズを把握することができます。

金融や疾病など話しにくいテーマも扱うことができる

グループインタビューでは扱うことが難しい金融、疾病などのセンシティブなテーマもデプスインタビューでは扱うことが可能です。

他者の発言の影響を受けず、対象者の反応を観察することができる

一対一でインタビューを行うため、他者の発言による影響を受けずに対象者の本音や言いたいことを自由に聞くことができます。

デプスインタビューのデメリット・注意点
個人を深掘るため、市場全体を反映したものではない

デプスインタビューでは個人の意見を深堀りすることができますが、個人の意見にとどまるため市場全体の意見を反映したものではありません。

そのため、結果の扱い方や利用方法には注意が必要です。

グループインタビューに比べコストと時間がかかる

1人あたり1~1.5時間程度時間を要するため1日に実施できる人数に限りがあります。
また、一人の情報量が多いため情報整理にも一定の時間が必要です。
そのため他の定性調査と比べてもスケジュールには余裕を持つといいでしょう。
デプスインタビューの利用シーン
消費者の深層心理や背景情報の把握

デプスインタビューでは一個人を深掘ることができるため、消費者の深層心理を洗い出したり背景情報を詳しく把握したいときに活用できます。

実行動の観察を伴うインタビュー

スマホアプリ、Webサイト、商品の試作品などを利用してもらいその様子を観察するとともに、その時の印象や感情を聞くなど、行動観察に加え心理面を深掘ることで商品の課題や消費者の真のニーズを明らかにすることができます。

カスタマージャーニーマップの作成

個人の商品購買行動を時系列に把握することができるため、カスタマージャーニーマップの作成などのヒントに活用できます。

 

弊社の強み・特徴
マクロミルを始めとする大規模なパネルネットワーク

マクロミルのパネルネットワークを活用し、他社では集めることが難しい調査対象者の招集も可能です。

豊富な経験を活かし、あらゆるタイプのグループインタビューに対応

年間300件以上のデプスインタビューの実施実績の経験を活かし、日記や写真撮影等の事前宿題から、コラージュ法等の当日の手法まで幅広く対応します。

また、自社専用のインタビュールームを4か所保有。あらゆるシチュエーションに対応します。

 

経験豊富なリサーチャーによる一気通貫の支援

あらゆるマーケティング課題に対して、業界に精通している経験豊富なリサーチャーが、調査前の課題整理から、インタビューフローの設計、終了後のデブリーフィング、レポーティングまで一気通貫でご支援をします。

 

調査の流れとスケジュール

01
調査企画
5営業日
調査の背景となる課題からデプスインタビューで明らかにしたいことを整理します。
02
インタビューの事前準備
10営業日~
インタビューで聴取する内容と順番、時間配分を整理したインタビューフローを設計します。また、条件に合致するインタビュー対象者のリクルーティングと参加依頼を行います。
03
インタビュー実施
1営業日~
インタビューを実施します。
インタビューの実施後に、結果を振り返り次のアクションの方向性を決めるデブリーフィングも実施いたします。
04
報告書の作成
5営業日~
インタビューの発言録の作成から、調査結果から得られた示唆を記載したレポーティングの作成まで対応いたします。
ご要望に応じて報告会の実施も可能です。

デプスインタビューに関するよくあるご質問

Q
条件が細かい対象者へインタビューを実施することは可能性でしょうか?
A
対象者を集めるリクルーティングでは、WEBで条件に合う対象者を選定することも可能です。
また機縁法で集めることも可能です。条件ごとに適切な方法をご提案いたします。
Q
インタビューの実施時間を教えてください
A
1回のインタビュー時間は60~90分程度です。
Q
グループインタビューとの使い分けは、どのようにしたらよいでしょうか?
A
「どのような情報を得たいと希望されているか」により選択します。
グループインタビューは、グループダイナミクスによって数多くのアイディアや意見を引き出すことを得意とするため、「新商品のアイディア開発やコンセプト評価を目的とする」ケースに向いています。
一方、デプスインタビューは個人の深層心理や購買行動について掘り下げます。そのため「行動の理由や動機を理解することを目的とする」ケースでは、デプスインタビューが適しています。

 

CONTACT マーケティングリサーチの
ご相談はこちら