調査依頼・相談 資料請求・DL
調査依頼・
相談
資料請求・
ダウンロード
市場の概況を把握したい

施策実施前の現状分析(0次分析)

どんなお悩みもお気軽にどうぞ!
調査依頼・ご相談
こちらから

0次分析とは 課題抽出のために最初に行う分析

マーケティング施策を実施する前に、現状を正しく把握し課題を発見することが重要です。
課題発見のために、購買データなどを用いて現状分析することを私たちはお手伝いしています。
この課題抽出のために行う市場分析を私たちは「0(ゼロ)次分析」と呼んでいます。
0次分析により、仮説を立てる前に購買者のニーズ・トレンドを把握することにより、正しい方向へプランニングできるようになります。

よくある悩み こんなお悩みはありませんか?

コストや時間はかけられないが市場の概況やトレンドを素早く把握したい
自社の販売データだけでは、市場の全体像が把握できない
自社と競合商品のユーザーの違いを把握したい
若者の流行やトレンドを把握したい

0次分析でできること 市場と商品購入者の理解

0次分析では、購買データに購入者の属性を掛け合わせて、どのような年齢や属性の人が商品を購入しているのかを把握できます。
また、特定商品の購入者/非購入者のライフスタイルを導出することでさらなる市場の理解を促進することができます。

POINT 01
市場構造を理解できる
購買データを分析することで市場やカテゴリ、特定商品の様々な販売傾向を把握します。例えば、季節や気温などの環境影響や広告、キャンペーンなどの影響と掛け合わせてどのような販売傾向があるかを把握できます。また、売上を購入者数と一人あたり購入金額に分解したり、リピート率などを把握することで、商品がどのように売れているか構造的な理解もできます。
POINT 02
自社ユーザーのセグメントを理解できる
購買データに購入者の属性を紐付けることで、商品購入者がどのようなセグメントで占められるのか把握することができます。属性ごとに購入個数、購入回数の変化を把握することで新規施策、リピート施策など、ターゲット年代に応じた施策の方向性を探ることができます。
POINT 03
購入者のライフスタイルや自社のポジショニングを理解できる
ターゲットとしたい購入者の属性に調査データ、デジタルログデータを組み合わせることでターゲットのライフスタイルを詳細に把握することができます。また、ターゲットの購買情報を詳細に分析することで自社/競合のスイッチを把握することができ、自社のポジショニングを理解することに繋がります。

私たちの強み 豊富なデータ×リサーチャーの分析力で貴社の実態を明らかにします

STRENGTHS 01
マクロミルの約2万人の
家計簿アプリデータの活用
購買データの分析には、マクロミルのMHS(個人支出調査サービス)を活用します。家計簿アプリを活用し、個人の消費・サービス購買を網羅的に把握することが可能です。全国2万人の購買情報に様々な属性情報を掛け合わせることで商品購入者の特徴を把握することが可能です。
STRENGTHS 02
リサーチャーによるデータの整理、
課題にあわせたアウトプット
専門性の高いリサーチャーやアナリストが、多彩なデータとマーケティング・コミュニケーションに関連するリサーチノウハウを組み合わせ、生活者インサイトを抽出します。貴社の課題に対して構成、アウトプットなど柔軟に対応いたします。

 

CONTACT マーケティングリサーチの
ご相談はこちら